峰山駅のコキア〜帰ってきた丹後人(15)〜 

峰山駅のコキア〜帰ってきた丹後人(15)〜 

京都丹後鉄道、峰山駅。プラットフォームのコキアがきれいに色づいてます。
画像の説明
でも、利用客はおそらく気がついていないでしょう。
このコキアは改札から反対方向の少し離れたところにあります。
画像の説明
昔、京都までの直通の急行があった頃は、8両くらいは連結していました。
コキアのある花壇は、その当時上りの長いプラットホームの真ん中でした。
今は、1~2両の列車が前方の改札のある位置に止まるだけでです。

昔の急行では、GW、お盆、正月だと峰山駅から座れなかった記憶があります。
今や高速道路が通じて、そちらのほうが帰省の車が数珠つなぎです。
画像の説明
このコキア、皮肉にも道路からよく目につきます。
市役所方面から駅に向かうと、T字路の正面に見えます。
大宮ICへはここを右に曲がるので、まるでコキアにお見送りされているようです。

コキアの紅葉は、鮮やかでポジティブな存在感があります。

赤く染まったコキアは、
”峰山駅に、丹後に、昔のような多くの人の往来を!”
と丹後人へ主張している気がしてます。(友木)

コメント


認証コード8290

コメントは管理者の承認後に表示されます。